ホーム » ブログ » 目的別ローンのメリットとデメリットについて

目的別ローンのメリットとデメリットについて

目的別ローンとは、ある目的のために使用するローンとなります。

 

何も目的のないローンは消費者金融などで借りることができますが、使用目的はなんでもかまいません。

 

しかしながら、金利が非常に高いものになります。

 

それに比べて目的別ローンはある目的のために使用するものですので、その目的に色々なことが違います。

 

まず、一番たくさんの人が使用する可能性があるのが住宅ローンになります。

 

住宅ローンは金額もかなり大きいですが、金利に関しては1パーセントを切るような数字になります。

 

 

 

 

メリットは金利の安さ

 

また、現在は住宅ローン減税が行われてますので、最初の10年間は実質お金がもらえる状態になります。

 

審査に関しても大きな金額を貸すことになりますので住宅の担保についても本人の信用力についてもしっかりと行われることになります。

 

次に使うものとしては、自動車ローンになるかと思います。こちらも自動車を担保にしてお金を借りることになります。

 

このように、最大の目的別ローンの最大のメリットは金利の安さになります。

 

消費者金融で借りれば金利は10パーセント以上の場合がほとんどですが、目的別ローンに関しては住宅ローンのように1パーセントを切ることもあります。

 

逆にデメリットは審査が厳しく時間がかかることが上げられます。

 

また、当然のことながら決まった目的にしか使うことはできません。

 

このようにメリット・デメリットとありますが、目的別ローンは使えるならば必ず使うべきものとなります。

 

目的別ローンを上手に活用する方法|金利・審査はどうなっているのが参考になりました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧




サーチ
テーマ
最近の投稿