ホーム » 多目的ローン » 自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは十分に試算して決めるべき

自動車ローンは、購入したディーラー独自のローンと銀行や信販会社、信用金庫等の金融機関で取り扱われているローンとに分けられます。

 

車を購入したディーラーでの借り入れを、営業担当者から提案されることが多々あります。

 

ディーラーに勧められるとつい勢いで契約したくもなりますが、まずは貸付条件をチェックして、試算をしてから借りるかどうか決めましょう。

 

自動車を購入したディーラーでローンを組む場合には、金利が高くなっているケースが良くあり、他の金融機関のローンと比べて、利息が多くことがあります。

 

見た目の金利の違いはわずかでも、完済までに必要な金額が大きく変わることもあるので気をつけましょう。

金利が高くても、車検や法定点検をディーラーの整備会社で受ければ、料金が優遇されることもあります。

 

ローン

 

時間に関係なく手続きできるネット銀行が便利

自動車のディーラーで行われる修理等のメンテナンスの費用が軽減されるというメリットがあります。

もちろん、金融機関の自動車ローンでも、キャンペーンによって、通常よりも金利が優遇される場合もあります。

 

自動車を購入するためにローンを組む場合、金利の低いところから借りられれば言うことはないですが、融資を受けたいと思っても営業時間に自由に行動できない人もいるようです。

 

ネット銀行の場合は、サイトから時間に関係なく手続きが行えるので、大変便利です。

 

ローンの返済負担だけでなく、将来的に車にかかる維持費用や、サービス内容も踏まえて、納得のいく自動車ローンを探しましょう。

 

自動車ローンといっても、取り扱う所に金融機関によって様々な優遇措置があるので、事前の試算をしっかり行って、最適のものを選択しましょう。

 

銀行フリーローン審査落ちしないために必要なことが参考になりました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧




サーチ
テーマ
最近の投稿